10年働いた時の退職金の金額について

公務員を10年務めたときの退職金(退職手当)は,約150万円でした。最終役職は,係長級です。

退職金の支給時期は5月と遅かったです。(これは事務担当者が手続きを遅延したのではないかと疑っていますが・・・。)

通常は四月支給みたいですね。

退職手当は以下の計算式で計算されます。

退職手当=基本額(退職日の給料月額×退職理由別・勤続期間別支給率×調整率)+調整額

退職後退職所得の源泉徴収票・特別徴収票が送られてきます。

そこで退職所得控除額や支払金額が記載されています。

退職所得控除額は10年で400万円のため税金がかかりませんでした。

勤続期間別支給率は,5年区切りで跳ね上がります。

勤続年数が6年,11年,16年のように1+5の倍数年で上がります。

退職する際はそれも考慮してもよさそうです。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です