公務員から転職する前に自己分析をしよう

 

転職前には自己分析が必要となってきます。

自己分析はなぜ必要なのでしょうか。

それは仕事と自分のミスマッチを防ぐためにあります。新卒で入社した人の離職率は民間で3割超,私の勤めていた官公庁では5%未満となっており,離職理由は仕事とのミスマッチが多く,現在の業務とまったく関係ない民間企業へ就職や上級省庁への転職希望が多くなっています。なぜ自分が転職したいのか。自分の目標を見つけ、自分の適性を把握することが目的です。

自己分析をすることで,就職面接時の自己PRにも役立ってきます。また,どんな仕事につきたくないのか,どんな会社に勤めたくないのか。そこがわかることで,志望動機がはっきりとし,内定獲得へつながっていきます。

転職活動前に自分が何をできるか振り返ろう(サイト内リンク)

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です